GAMES VIEW

PC用ゲームのレビュー&情報

2017/01/10

侍道4(Way of the Samurai 4)

0 件のコメント


2011年にPS3用に販売された幕末を舞台にしたアクションゲーム。自由度が高くやり込み要素があるので、何度でも遊べる。エンディングも複数用意されており全てのエンディングを見るには、結構時間がかかる。
メインのストーリ以外にも、さびれた道場を立て直す要素や、一部のキャラクターしか持っていない武器を倒して手に入れたり、ボリュームはとてもある。自分の行動や選択肢により、ストーリーが変わっていく点はとても面白い。
また、悪事をし役人や岡っ引きに捕まった際、美人姉妹に拷問を受けるミニゲームや、女性キャラクターや町人に夜這いをかけるミニゲームもある。

PC版(Steam)版は、正式には音声のみ日本語になっており他は全て英語になっているが、ゲームがインストールされているフォルダ内のファイルの移動により、完全ではないが日本語表示にする事が可能。その際、文字がわくから外れたり多少問題もあるが、プレイにはさほど影響はない。
残念な点は、刀や自分のキャラクターに日本語が使えない点。


【プレイ動画】


キャラクターエディットは最初はパーツが少ないがやり込んでいくと増やすことが可能

戦闘は難易度設定が可能。難易度が高いほうがドロップアイテムの質が良くなる


さびれた道場を立て直していくというコンテンツがあり、弟子を増やし名声を上げることにより賑やかになる


弟子にできるのは侍だけではなく町娘なども可能


悪事をし、役人や岡っ引きにつかまると三姉妹による拷問が待っている


拷問に耐えられないと死が待っている


死亡またはエンディングで侍としての評価をされる

町の住民や主要キャラクターとの夜這いプレイも可能。とはいえ・・・少女はまずいんじゃないかと



[公式サイト]
侍道4 オフィシャルサイト

© Ghostlight LTD


以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で









0 件のコメント :