GAMES VIEW

PC用ゲームのレビュー&情報

2016/12/21

ホラート(Kholat)

0 件のコメント


昔のロシア(当時ソ連)でおきた怪奇事件をモデルにした、ホラーアドベンチャー。特に手がかりの無い状態で、独りで事件解決に挑む。
駅のプラットフォームから冒険は始まる。駅の周りに人気が無く、建物にも入れない。最初プレイした時は、途方に暮れると思う。
ジャンプができないので、ちょっとした柵すら越えられないし、進もうとすると障害物で行く手を阻まれている。まるでアーリーアクセスのゲームの状態に感じる。
しかし、ここでやめてはこのゲームの良いところは、グラフィックの綺麗さと寂し気な音楽を聴いただけになってしまう。
孤独感と何もできない虚しさを味わうには、次のステージに進むまでの苦行はある意味プラスになっているかもしれない。
何とか、次のステージに進むと、テント、コンパス、ライト、本、地図が手に入る。とはいっても地図に自分の位置が表示されるわけでもなく、コンパスと地図の使い方がわからないと、確実に吹雪の中の森で迷子になる。(経験済)
いたるところに、目印になりそうな物がおいてあるので、その辺も気にして地図に慣れていってほしい。
公式サイトの説明でホラーと書いてあったが、それほど怖い感じではない。怪物のような物が出てくるが、移動速度が遅いので、行き止まりに追い込まれたり、戦いを挑まない限り、死ぬことはないと思う。アクションが苦手でも大丈夫。


【プレイ動画】


殺風景で人気のないプラットフォームから始まる。街で人と会う事はなかった。

森のほうに歩いていくと赤い足跡がみつかる。

このテントが拠点となり、セーブはテントとフィールド上で何か見つけた場合オートセーブされる。

テントの中で、地図とコンパスと本がみつかる。

コンパスと地図を頼りに、広大なエリアを探索する。地図に自分の位置は表示されないので、なれるまで大変。

さ迷っていると、例の赤い足跡をつけながら歩く魔物(?)を発見!さてどうしよう?


[公式サイト]
Kholat オフィシャルサイト

© IMGN.PRO





0 件のコメント :