GAMES VIEW

PC用ゲームのレビュー&情報

2015/03/11

クルセイダーキングス2(Crusader Kings II)

0 件のコメント
クルセイダーキングス2は、世界制覇をするシミュレーションゲームではありません。
もちろん、世界制覇を目標としてプレイをすることはもちろん可能ですが、どちらかと言うと、自分で目的を決めて、この時代の王侯貴族となって血筋を反映させていくまたは、継続させていくゲームです。
ただし、それだけではなく、自分の信仰している宗教を浸透させたり、自分の国の文化を広めていく事も有利になります。
マイナーな宗教を国教とした国を築く事も可能です。
血筋を増やす事はとても重要ですが、親族とはいえ、王位の継承となると、殺し合いをした時代。子供が多すぎると権利を主張し氾濫を起こす者が増える事も忘れないでほしい、しかし、この時代は人の寿命は短く、疫病や戦争で子供を亡くしたりする。
さて、数百年後あなたの子孫は反映しているのか?


時代を選択すると、その時代のお勧めの人物が表示される、これらの中から選択すれば、比較的楽に進められるでしょう。




ヨーロッパからインドまで、大小多数の貴族がいます。伯爵として1つの領地を管理する貴族から複数の王国を統一している皇帝まで自由の選択可能。




アイルランドが比較的簡単という話もありますが、フランスの北西のブルターニュも、少ない地域をを支配すると、王国にすることが可能。普通のシミュレーションゲームなら、町に投資して、国力を上げる・・・というのた定石であるが、このゲームは、開発するにも莫大なお金がかかります。




結婚するとお祝い金をもらうことができたり・・・戦争するために貯金せねば。この時代傭兵が活躍していたのは有名ですが、傭兵を雇うにも、小国だと数年分の収入ぐらいのお金がかかります。戦争とはお金がかかるものだし、準備も何年もかけるのです。




隣の小国に宣戦布告して、せめて見る!こっちは3つの伯爵領を収める公爵である。1国の伯爵などねじ伏せてやる!とおもったら・・・隣国が援軍を出し・・・返り討ちにされる・・・・。




[公式サイト]
Crusader Kings IIオフィシャルサイト

© Paradox Interactive

[関連サイト]
Crusader Kings II Wiki






0 件のコメント :