GAMES VIEW

PC用ゲームのレビュー&情報

2017/02/12

【終了】フォーオナー(FOR HONOR)本日オープンベータテスト最終日!


今月9日より始まった、フォーオナーのオープンベータテストは、本日最終日を迎えた。マルチプレイ部分でのマッチングやネットワークのトラブルが多くのプレイヤーにストレスを与えているようだが、ゲームのクオリティとしては、とても良くできており。気軽に遊べる部類のアクションゲームに仕上がっている。
どちらかというと格闘ゲームに近い操作方法なので、ある程度慣れてきて上級のプレイヤー同士バトルする頃には、プレイヤースキルの差で勝敗が決まるようになると思われる。

オープンベータテストは無料で参加できるので、この機会にお試しあれ!

[プレイ動画]


[公式サイト]
FOR HONOR ベータテスト オフィシャルサイト

© Ubisoft



2017/01/22

ザ・ギルド2 ルネサンス(The Guild II Renaissance)



中世ヨーロッパを舞台にしたストラテジー。街に住む市民の一人としてプレイをする。自分が選択した職業に関連するお店や施設を、売りに出されている物件を購入または新規に建築し、それらを経営していく。自分の血筋が絶えないよう、結婚し子供を作る事も必須。後継ぎがいないと、自分のギルドは無くなってしまうのだ。

キャラクターメイキング時に設定する職業は、その作った最初のキャラクターの職業であり、跡継ぎを別な職業にし、追加で事業を行っていく事も可能。

プレイスタイルに関しては、地道に自分の選んだ事業を拡大し、金持ちになり、人脈を作り、街の政治的な要職に就き、ライバルギルドに対し、圧力をかけて滅ぼす方法や、悪党となり装備を揃え、強いボディーガードを従え、力づくでライバルギルドを滅ぼす事も可能。
ライバルギルドを弱める方法としては、火事をおこしたり、ギルドの主要な人物を暗殺したり、様々な方法が可能。とても中世の時代としての現実味のあり、自由度の高いシステムだ。

かなり古いゲームになるので、パソコンの環境によっては、不安定な場合もあるが、回避できる方法が、インターネット上で探すことができる。

また、有難い事に有志による日本語化が有るので、導入すると英語力に自信がなくてもプレイが可能だ。

今年、シリーズ第3弾が発売になる予定になっているので、どんな雰囲気かを試すにも、セールなどでとても安い価格で販売されている場合が多いので、オススメしたい。


【プレイ動画】


キャラクターメイキングは古いゲームにしては、細かく設定ができる。しかし、このゲームは子孫を作り代替わりしていくので、あまり意味があるとは思えない

街の様子はこのような形で、上空から見る事も出来るし、キャラクター目線まで拡大も可能。良くできていると思う

役所でお金を払えば称号がもらえ、EXPも入る。このEXPでレベルを2に上げることが可能。これをやるとやらないでは差が出ると思う

自分の経営するパン屋の様子。もちろん自分も一人の従業員として一緒に働く事も出来る。雇われた従業員は睡眠をとるが、自分や家族は24時間働く!

最初は、自分の身分やステータスも低いので、身分の低い異性としか結婚できないが、まずは子孫を残すことが重要!!

愛の結晶が産まれまれた・・・しっかり会話もする(笑)


[公式サイト]
THQ Nordic サイト (パブリッシャー)※ゲームの公式サイトは無くなりました

© THQ Nordic



以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で









2017/01/19

ザ・ブラック・デス(The Black Death)



黒死病(ペスト)が蔓延している中世ヨーロッパを舞台にサバイバル生活をするゲーム。
ゾンビや恐竜の同ジャンルのゲームが人気の中、同じ中世やファンタジー系のサバイバルは流行っていない。

また、このジャンルの場合スキル制が多い中、職業を選択するという点が新鮮ではある。現在マルチプレイヤーモードしかないので、知人や同じサーバーの人と協力プレイをすればいいと思うが、そういった仲間がいない場合このシステムは厳しいのではないかと思う。

公開当時は、街に人がほとんどいなく、ショップも無い状態で、何をすればいいのかわからない状況だったので、その時に比べればだいぶ進化している。

現在アーリーアクセスなので、今後色々と変わっていくと思うが、現時点でグラフィックも含め、あまり良い点が見つからないのが正直な意見。今後に期待したい。

英語版しかないが、システムがシンプルなので、サバイバル系のゲームをプレイした事があれば、特に問題なくプレイできると思う。


【プレイ動画】


時間帯にもよるのかもしれないが、ほとんど人がいなかった。

このように、職業がたくさんある。農民や商人、乞食なんかもある

グラフィックはこんな感じで、特に美しいというわけではない

砦や町には商人がいる。街によっては人っ子一人いない所もある。ペストが原因か!?

生産はかなりシンプル

職業毎にスキルツリーがあり、キャラクターを特徴づけることができる

動物は逃げるので近接武器では倒しにくいが、弓も当たりにくい(笑)



[公式サイト]
The Black Death オフィシャルサイト

© Green Man Gaming Publishing



以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で








2017/01/18

エンドレス・スペース(Endless Space)



宇宙が舞台の4Xストラテジー。すでに発売されてから4年以上が経過し、第二弾も2016年に発売されている。

残念ながら、日本語版は無いので、有志による日本語化が存在するのみである。日本語化は、手順が多く手間がかかるが完成度が高い。(日本語化のお陰でしっかりプレイができた)

ゲームの内容としては、同じく宇宙が舞台のストラテジーのBeyond Earthは、同じ星の中で戦争をするタイプだが、Endless Space は、星系単位で戦争を行う。
最近のストラテジーといえば、Beyond Earth(Civilization)に類似したタイプが多いので、とても貴重だと思う。

気に入っている部分は、宇宙戦艦を増やし、兵器を強化するだけではなく、内政やテクノロジーを強化・開発し、並行して軍を増強していく点や、勝利条件が銀河の統一だけではない点。

少し残念な点は、ゲーム自体は面白いのに、達成感が薄い点。理由は、長時間プレイすると理解してもらえると思う。


【プレイ動画】


まずは、どの国で始めるか決定する

つぎに、銀河の大きさなどの設定を詳細に決められる

選んだ国ごとに、オープニングが用意されているが、日本語化しても英語である

はじめは、たった1つの星系からスタートする。隣接する星系に探査船を飛ばし、住居が可能ならば、移住を行う。

星系には最低1つ以上の星または、小惑星が存在する。住居不可能な星は、住居可能にするテクノロジーを研究する事で移住が可能になる。研究をすすめるとテラフォームも可能になる。

テクノロジーツリーを全て網羅するのは時間がかかる。何を選ぶかはプレイスタイル次第。

他国と隣接し、初めてのコンタクト!

外交関係はこのように表示される。(まだ1か国しか遭遇していない状態)



[公式サイト]
Endless Space オフィシャルサイト

© SEGA



以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で